ニュース&トピックス

ドイツ お客様レポート★6月•乗馬レッスン体験記2013/06/24

思い切って体験してきました!

下記はお客様からいただいたレポートです。
大変的確に書いていただいてます。
今後、行ってみたいと思われている方々の参考になればということで公開させていただいています。


ドイツ(ハンブルグ) 乗馬学習にあたって

 

■ 渡航のきっかけ
仕事関連で乗馬と出会い、その馬の魅力にはまり本格的に行っていく事を決意! 自分の中で納得するところまで習得していくには本場での学習が頭にも体にも一番と考え渡航を決意しました。

 

 

■ 乗馬歴
約 1年 (150鞍位)

 

 

■ 渡航期間 約 3週間

 

 

■ 場所
ドイツ(ハンブルグ) 

■ 感想

 

 

私にとってドイツでの学習は大変有意義で、全てにおいて目から鱗でした。 どちらの学習が良いか?悪いか?ということではなく、長い歴史の中で培われた指導方法は非常にシンプルかつ分かりやす いものでした。 私はお世話になったステーブルの先生の判断で、プライベート、グループ、外乗と日々違うレッスンでしたのでその違った刺激 がより、自分の中での発見を深めさせていただけたのかもしれません。 日本に帰ってからクラブの先生に「座りが確実に変わった」「常歩の推進が出せる様になった」と言って頂ける様になり、初心 者ながらも以前より馬と共に動いている感覚をよりつかみ取る事が出来る様になりました。仕事をしておりますので、年に何回 も同じようなお休みをとることはできませんが、また今年中に短い期間でもお伺いする予定です。 迷われている方がいらっしゃるようであれば絶対にお勧めです。あなたの中の何かが変ります。

 ■ 生活や受講にあたって
スタッフの方(日本、ドイツ)共々大変お世話になり、気にかけて頂きました。私のレベルにあった適切な環境を設定していた だき、物おじすることなく日々レッスンにのぞめました。 期間中に世界大会などあり世界のTOPレベルを近くで見れた事も大変な大きな財産になりました。

 ■これから渡航される方が有意義な時間になる為に
・現地ではドイツ語でのレッスンが普通です。私がお世話になった場所でもドイツ語でしたが若干英語もOKという感じでした。 言葉がわからないと意思疎通ができません。

 ・日本語はまったく通じないと思ってよいです。最低でも英語はある程度きちんとお話が出来ないと厳しいと思います。 単語程度ですと難しいと思います。(手前は1年米国に留学経験あり)
※スタッフより 
英語についてはステーブルによってすべて英語で可能です。
また、日本人スタッフを同行することも可能です。
2日〜3日間慣れるまで。あるいは完全サポートも可能です。

 ・何でも受け入れる姿勢と自分のリクエストははっきり伝えるという事は必要です。スタッフの方はあくまでもサポートをして頂く のであり、ツアーコンダクターではありません。(何に於いても100%希望というかたは旅行会社のツアーが良いと思います。)

 ・誰かが何かをしてくれるという受け身の姿勢ですと、とてもさみしい思いをすると思います。はっきり言って誰もかまってくれな いと思っておいた方が良いと思います。自分から手伝いや仕事を見つけて一緒の空間に長くいることが分かりあえる(チャンス をつかむ)きっかけになると思います。 



私たちが現地ドイツより新しい情報にてご案内致します。

※お気軽にお問い合わせください

 

 

 

ページのトップへ